【脂肪燃焼スープダイエット】よりおいしく食べられるスープを作るコツ

スポンサーリンク

昨年試してみた「脂肪燃焼スープダイエット」実はこのスープ、アレンジを加えながら今も毎日食べているんです。

当初は一週間食べ続けることが多少苦痛だったのですが、今はとてもおいしく食べています。

ここでは、脂肪燃焼スープをおいしく作るコツを書いておきます。

スポンサーリンク

その前に、脂肪燃焼スープの作り方のおさらい

脂肪燃焼スープを作るために必要な具材は以下のとおりです。

  • キャベツ半玉
  • タマネギ3個
  • セロリ太めのもの1本
  • ピーマン1個
  • ホールトマト1缶

それに加えて、味付け。これが一番大事かもしれません。

我が家では「味の素 丸鶏がらスープ」を使っています。


味の素 丸鶏がらスープ 200g袋

最近はずっとこれなので、業務用の1Kgサイズを買っています。200g袋は600円くらいするのですが、業務用はAmazonで1Kgが2,700円くらいと少し割安です(^^)


味の素 丸鶏ガラスープ 業務用 1kg

スープにいれる野菜は細かく!

野菜が大きいと「食べた感」はありますが、各野菜の味(特にセロリ)が感じすぎるので食べ飽きてしまう気がします。

我が家では手回し式のフードプロセッサーで野菜を細かくしています。

これを使って、たとえばキャベツなら、これが

20回くらい回すとこうなります!

鍋に入れたらこんな感じ

玉ねぎもざく切りして、フードプロセッサーに入れます。

こんなふうにみじん切りが出来ます

セロリは繊維質が多いので、まな板の上で包丁を使ってみじん切りにします。

ピーマンは1個だけだから、こちらもまな板で。

全ての具材をいれるとこのようになります。

 

楽天市場では、手回し式より便利なヒモを引っ張って動かすフードプロセッサーが売ってました!

野菜をみじん切りにするにはこっちのほうが便利そう!!

あとは、水を2L入れて火にかけて15分~20分くらい煮込めば出来上がり。

たくさん作った脂肪燃焼スープの保存方法

水を2L入れて脂肪燃焼スープを作ると、一人で8回分くらいの量になります。

この量だと特に夏場は傷んでしまうかもしれないので、我が家では作った脂肪燃焼スープを冷凍保存しています。

写真のタッパーひとつで約2回分です。

使うときは、凍ったまま鍋に入れて、火にかけて溶かせばOK!

脂肪燃焼スープのアレンジレシピ

我が家では、今は鳥の胸肉をタンパク質を取るために、脂肪燃焼スープのアレンジレシピとして入れています。

あとは、ピーマンをパプリカに、セロリをニンジンに変えています。

これならピーマンやセロリが苦手な人でも大丈夫!

毎日食べても全然飽きずに食べられますし、子どもたちもお味噌汁代わりに飲んでいます。

野菜がたくさん取れる脂肪燃焼スープをぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする